当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

歴史博物館 特集展示

歴史博物館 特集展示
(2019年6月19日更新)

2階の特集展示室では、月替わりでテーマ展示を行います。
規模の大きな特別展の第2会場にもなります。

  

 

市制130周年記念 岐阜のまちなみ今昔 ~明治から令和へ~
令和元年6月7日(金曜日)~7月15日(月曜日・祝日)

 

 明治22年(1889)7月1日に誕生した岐阜市は、今年令和元年(2019)7月1日に誕生130年の節目を迎えます。

 岐阜県内で最初に市制が施行された当初は、基準ぎりぎりの人口規模でしたが、順次市域を拡大し、政治・経済・学術・文化など、様々な分野の中心的都市として発展してきました。また岐阜のまちは、濃尾震災(明治24年)と岐阜空襲(昭和20年)の2度、市街地のほとんどを焼失する壊滅的な被害を受けましたが、その度に復興を遂げて来ました。
 明治・大正・昭和・平成そして令和へと、様々な変化と発展を遂げてきた岐阜のまちなみを、地図や写真、ポスター・チラシなどからご紹介します。

 
  展示室の様子
 展示室の様子

 <構成と主要な展示品>
 1.岐阜町から岐阜市へ
  「岐阜市街新全図」明治22年(1889)、川瀬善一製作、岐阜市歴史博物館蔵
 2.濃尾震災
  「岐阜県愛知県 大地震実況」明治24年(1891)11月4日印刷出版、岐阜市歴史博物館蔵
  「岐阜日日新聞号外」明治24年11月1日、岐阜市歴史博物館蔵
 3.新しい文化
  「岐阜市街一覧」(『岐阜県写真帖』(昭和42年発行)より)岐阜市歴史博物館蔵 ※パネル
 4.発展する岐阜市
  「岐阜市鳥瞰図」昭和初期、吉田初三郎、岐阜市歴史博物館蔵
 5.戦争の時代
  「金華国民学校卒業記念写真帖」昭和19年(1944)、岐阜市歴史博物館蔵
 6.戦後復興
  「岐阜市商工業案合図」戦後、岐阜市歴史博物館蔵
 7.昭和から平成へ
  「観光之岐阜市鳥瞰図」昭和31~32年(1956~57)、2代目吉田初三郎、岐阜市歴史博物館蔵
 8.市庁舎コーナー

 <観覧料>

 総合展示観覧料でご覧いただけます。

 高校生以上300円(団体240円)、小中学生150円(団体90円)

 団体は20人以上。

 次の方は無料で入館していただけますので、手帳等をご提示ください。

  • 岐阜市内の70歳以上の方
  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている人、及びその介護の人 1人様
  • 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の人
  • 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の人に同伴する家族(高校生以上)の人(特別展を除きます)
  • 岐阜市内の小中学生の人(特別展を除きます)