当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

家が火災にあって市税を納めることができないのですが、救済措置はありませんか?

家が火災にあって市税を納めることができないのですが、救済措置はありませんか?
(2011年4月1日更新)

Q 現在住んでいる住宅が火災に遭いました。復旧等に費用がかさみ市税をすぐに納めることができません。何か救済措置はありませんか。


市税の減免および徴収猶予の制度があります。 

 

1.市税の減免制度

 生活保護を受けている場合や災害により著しく被害を受けた場合など、特別な事情がある場合は、市税の減免を受けられることがあります。詳しくは各市税の担当課までお尋ねください。


2.徴収猶予制度

 次に該当する場合で、納期限までに市税を納付できないときは、1年以内の期間、納税の猶予が認められる場合があります。 

  • 本人の財産が災害により被害を受けたときや盗難にあったとき。
  • 本人や家族が病気にかかったときや負傷したとき。
  • 事業に大きな損失を受けたときや廃業または休業したとき。

※猶予される金額が50万円を超えるときは、原則として担保が必要です。詳しくは納税課までお尋ねください。