当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

学生なので国民年金保険料を納める余裕がありません。免除制度はありますか?

学生なので国民年金保険料を納める余裕がありません。免除制度はありますか?
(2019年10月7日更新)

手続き・サービス等の名称

国民年金保険料「学生納付特例制度」の申請 

手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答

日本に住所のある20歳から60歳までの人は国民年金に加入しなければなりません。しかし、学生(定時制、通信制、夜間の学部・学科を含む)で国民年金保険料を納めることができないときは、学生納付特例制度を利用してください。
【審査】
申請者の前年所得が一定基準以下であること
【手続き後】
「学生納付特例承認通知書」または「学生納付特例却下通知書」が日本年金機構から郵送されます。 

届出申請期間

随時 

対象者

本人(代理人の場合は委任状と本人確認できるものが必要です)

申請書等様式

国民年金保険料学生納付特例申請書

持ち物

年金手帳、学生証または在学証明書(コピー可)、印鑑、離職して学生になった場合は離職票、マイナンバー通知カード等

窓口

窓口時間

8時30分~17時30分 月曜日~金曜日
(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

岐阜市の各事務所で手続きする場合は年金相談員の勤務時間9時30分から16時15分まで
岐阜北年金事務所への問い合わせは8時30分~17時15分まで

週初めの開所日は19時まで、第2土曜日は9時30分~16時まで

(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

手数料

無料 

注意事項/
その他

申請は毎年必要です。
学生納付特例制度の対象校にならない学校があります。 

関連リンク

日本年金機構(年金保険制度) 

担当課等

国保・年金課 年金係:058-214-2086