当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

70歳になるとお医者さんで支払う割合が変わると聞きました。手続きは必要ですか?

70歳になるとお医者さんで支払う割合が変わると聞きました。手続きは必要ですか?
(2019年4月1日更新)

手続き・サービス等の名称

国民健康保険高齢受給者証の交付 

手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答

70歳以上75歳未満の国民健康保険に加入している人(後期高齢者医療制度に加入している人を除く)は、医療機関で受診する際の一部負担金の割合を表示した「国民健康保険高齢受給者証」を、70歳の誕生月の下旬(1日生まれの人は前月下旬)に送付します。(手続きの必要はありません。)
受診する場合は、医療機関の窓口に「国民健康保険被保険者証」と「国民健康保険高齢受給者証」を提示してください。「国民健康保険高齢受給者証」は70歳になられた誕生日の翌月の1日(1日生まれの人は同1日から)から使用できます。
【一部負担金の割合】
2割 同一世帯の70歳以上の被保険者の課税標準額が145万円未満の場合
3割 同一世帯の70歳以上の被保険者の課税標準額が145万円以上の場合(収入が一定以下のときには、申請により2割負担になる場合があります)  

届出申請期間

 

対象者


申請書等様式

 

持ち物

窓口

●国保・年金課(本庁舎高層部2F)
市役所庁舎内各課の配置のご案内

窓口時間

8時30分~17時30分 月曜日~金曜日
(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

手数料

無料

注意事項/
その他

課税標準額とは、住民税(市・県民税)を算定する課税所得(所得金額の合計 - 控除額の合計)のことです。 

関連リンク

  

担当課等

国保・年金課 保険料係:058-214-4315