当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

人工透析を受けるようになりました、治療費が月1万円になる制度があると聞きました。

人工透析を受けるようになりました、治療費が月1万円になる制度があると聞きました。
(2019年3月27日更新)

手続き・サービス等の名称

特定疾病療養受療証の申請 

手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答

「先天性血液凝固因子障害」「人工透析が必要な慢性腎不全」を患っている人は病院で特定疾病療養受療証を提示すると、1か月1万円の負担ですみます(上位所得世帯の70歳未満の人の人工透析は1か月2万円)。
その他、後天性免疫不全症候群(HIV感染)の人も同じです。
【手続き後】
特定疾病療養受療証をお渡しします。 

届出申請期間

医師が証明したとき 

対象者

世帯主または同一世帯の人

申請書等様式

国民健康保険特定疾病認定申請書(第11号の5号様式)

国民健康保険特定疾病認定申請書(第11号の5号様式)

国民健康保険特定疾病認定申請書(第11号の5号様式)(記載例)

国民健康保険特定疾病認定申請書(第11号の5号様式)(記載例)

持ち物

国民健康保険被保険者証、印鑑、本人確認のできるもの(運転免許証等)、特定疾病を証明するもの、マイナンバー(個人番号)のわかるもの

窓口

●国保・年金課(本庁舎高層部2F)
市役所庁舎内各課の配置のご案内

窓口時間

8時30分~17時30分 月曜日~金曜日
(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

手数料

無料 

注意事項/
その他

他の保険から国民健康保険に加入する人で、すでに特定疾病療養費受療証を交付されている人は、それまで使用していた「受療証」を持参されれば医師の証明は必要ありません。 

関連リンク

全国健康保険協会

担当課等

国保・年金課 給付係:058-214-2083