消火器等の不適正な訪問点検や販売にご注意!

消火器等の不適正な訪問点検や販売にご注意!
(2017年11月24日更新)

 

不適正な点検の事例としては、消火器や消防用設備等(自動火災報知設備など)設置している事業所、スーパー、百貨店等を狙って、「本社から依頼を受けて点検に来ました。」などと言って契約業者を装って、消火器等の点検を始めてしまいます。
点検を承諾する前に、本当の契約業者であるかを必ず確認しましょう

また、一般の住宅にも、「ご自宅に置いてある消火器を見せてほしい。」と訪問し、「古いので取り替える必要がある。」と言って、新しい消火器を一般の価格と比べ高額な値段で販売しようとする事例もあります。

不適正な点検や販売には十分注意しましょう。

トラブル防止のポイント

  1. 身分証明書等の提示を求める。         
  2. はっきりと点検や購入を拒否する。 
  3. 契約書にハンコを押さない。      

            消火器不適切点検等 

もし、気づかずにサインや点検の承諾をしてしまっても

  • 請求金額の値引きを要求すると、契約を認めることになるので、値引き要求をしない。
  • 料金をその場で支払ったり、払う約束は絶対にしない。
  • 点検業者のまぎらわしい表現等に対して、契約の無効を主張する。

<参考ページ>
 ●消防関係製品の悪質な訪問販売・詐欺等について<一覧>
  (総務省消防庁のページ)
 ●事業主を狙った悪質商法に注意
  (岐阜市消費生活センターのページ)
 ●個人住宅への消火器等の悪質な訪問販売にご注意