パート収入と税金の関係はどうなっていますか?

パート収入と税金の関係はどうなっていますか?

Q 私は、近所の工場でパートタイマーとして働いています。
私自身の税金、夫の配偶者控除など、どのような扱いになりますか?
なお、夫は、市・県民税が課税されています。

A パート収入は通常給与収入の扱いとなり、パートによる収入が市・県民税では、年間97万円以下、所得税では、年間103万円以下の場合は課税されません。
 一方、夫の配偶者控除の対象となるパート収入は、年間103万円以下、配偶者特別控除の対象となるパート収入は、年間103万円を超え141万円未満です。

妻のパート収入 夫の配偶者控除 夫の配偶者特別控除 妻の税金
所得税 市・県民税
97万円以下 受けられる 受けられない かからない かからない
97万円を超え
103万円まで
かかる
103万円を超え
141万円未満
受けられない 受けられる かかる
141万円以上 受けられない

(注) 夫の合計所得金額が1,000万円を超えている場合は、配偶者特別控除の適用はありません。

配偶者控除と配偶者特別控除の関係

 配偶者特別控除額は、あなたのパート収入の額に応じて決まることになっています。そのため、パート収入が増えるにつれて、夫の控除額が段階的に減っていく仕組みになっています。言いかえれば、あなたのパート収入が増えたときに、夫の税額が急激に増加しないように調整されていることになります。
 まとめますと、次の表のようになります。
 なお、平成17年度から配偶者の給与収入が103万円以下の控除対象配偶者について、配偶者控除に上乗せして適用される部分(最高33万円)が廃止されました。


市・県民税の控除額
パート収入(円) 配偶者控除 配偶者特別控除額
0 1,030,000

受けられる

/

1,030,001 1,099,999
1,100,000 1,149,999
1,150,000 1,199,999
1,200,000 1,249,999
1,250,000 1,299,999
1,300,000 1,349,999
1,350,000 1,399,999
1,400,000 1,409,999
1,410,000

/

33万円
31万円
26万円
21万円
16万円
11万円
6万円
3万円
0円

所得税の控除額
パート収入(円) 配偶者控除 配偶者特別控除額
0 1,030,000

受けられる

/

1,030,001 1,049,999
1,050,000 1,099,999
1,100,000 1,149,999
1,150,000 1,199,999
1,200,000 1,249,999
1,250,000 1,299,999
1,300,000 1,349,999
1,350,000 1,399,999
1,400,000 1,409,999
1,410,000

/

38万円
36万円
31万円
26万円
21万円
16万円
11万円
6万円
3万円
0円