母子父子寡婦福祉資金

母子父子寡婦福祉資金
(2017年6月6日更新)

  母子家庭のお母さん及び父子家庭のお父さん並びに寡婦の方の経済的自立と生活の安定、扶養しているお子さんの健全育成を図るために、無利子または低利子で各種資金(12種類)の貸付を行っています。

  お子さんが高校・大学へ進学する場合などに、公的な資金を活用して、より良い生活設計にお役立てください。
 あなたからの償還金(返済金)が他の人への貸付の原資となっております。貸付を希望される方は、償還(返済)計画をしっかり持って申請してください。

貸付対象

母子福祉資金

  • 母子家庭の母
  • 父母のいない20歳未満の児童〈修学資金、修業資金、就学(就職)支度資金のみ対象〉  等

寡婦福祉資金

  • 寡婦(配偶者のない女子であって、かつて母子家庭の母であった方)  等

父子福祉資金

  • 父子家庭の父 

主な貸付の内容

  • 修学資金          高校や大学などでの修学に必要な経費
  • 就学支度資金    高校や大学などへの入学に必要な経費
  • 就職支度資金    就職に必要な経費

  ※借受けにあたっては、連帯保証人を立てていただくようお願いしています。

主な貸付金額(上限額)

  ・修学資金(毎月の学費) 

 

自宅通学(月額)

自宅外通学(月額)

高校・専修(高等) 

国公立

27,000円

34,500円

 私立

45,000円

 52,500円

 

 高等専門学校

 

 1・2・3年

 4・5年

 1・2・3年

 4・5年

 国公立

31,500円

67,500円

33,750円

76,500円

 私立

48,000円

79,500円

52,500円

90,000円

 短大・専修(専門)

 国公立

67,500円

76,500円

 私立

79,500円

90,000円

 大学

 国公立

67,500円

76,500円

 私立

81,000円

96,000円

専修(一般) 

48,000円

・就学支度資金(入学金等)

 

自宅通学 

自宅外通学 

小学校 

 40,600円

中学校 

 47,400円

 高等学校

国公立 

 150,000円

 160,000円 

 私立

 410,000円

 420,000円

 短大・大学・専修(専門)

 国公立

 370,000円

 380,000円

 私立

 580,000円

 590,000円

 専修(一般)

 150,000円

 160,000円

 修業施設(各種学校)

  90,000円

 100,000円


主な返済方法

  • 修学資金、就学支度資金    卒業6ヶ月後から最長10年以内

    〈専修学校(一般)と修業施設は、卒業6ヶ月後から最長5年以内〉

  • 就職支度資金                   貸付1年後から最長6年以内

※正当な理由なく償還計画を守らず償還を怠った場合、償還金のほかに、違約金(年5%)が発生しますのでご注意ください。

その他、貸付を受けるために必要な要件がありますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

◆申込み・問い合わせ先    子ども支援課(電話番号/058-214-2396)