子育て短期支援事業

子育て短期支援事業
(2010年6月17日更新)

短期入所生活援助(ショートステイ)事業

   子どもを養育している家庭で、保護者が疾病、出産、冠婚葬祭、育児疲れ等により子どもの養育が困難になる場合に、その子どもを児童養護施設・乳児院で一時的に宿泊を伴ってお預かりする事業です。利用人数が限られているため、事前の申し込みが必要です。

申請

   利用を希望される方は、子ども支援課までご相談ください。事前に実施施設において来所面談の上、登録が必要となります。

利用期間

  7日以内

費用負担

 世帯の所得状況により負担額が異なります。詳しくは子ども支援課までおたずねください。

夜間養護等(トワイライトステイ)事業

   子どもを養育している保護者が、仕事等により、平日の夜間又は土曜日・長期学校休業日に不在となる家庭の子どもを児童養護施設、母子生活支援施設でお預かりし、生活指導や食事の提供等を行う事業です。原則として日曜日、祝祭日及び年末年始は実施しておりません。また、施設の都合により、利用できない日があります。

申請

   利用を希望される方は、子ども支援課までご相談ください。事前に実施施設において来所面談の上、登録が必要です。

期間

   保護者が養護を必要とする期間(毎年4月と10月に申請が必要となります。)

利用時間

 ◇夜間養護事業   小学校等の終了時から保護者の帰宅時まで
 ◇休日預かり事業    保護者の出勤時から帰宅時まで
※夜間養護事業、休日預かり事業とも、児童養護施設はおおむね午後10時まで、母子生活支援施設は午後9時までです。

費用負担

   世帯の所得状況により負担額が異なります。詳しくは、子ども支援課までおたずねください。

児童養護施設とは

 乳児を除いて家族の交通事故や災害・離婚などで残された子ども、虐待を受けた子ども、その他環境上養護を要する子どもを子ども相談センターを通じて預かり、健全な成長発達と人間としての諸権利を保障する施設です。岐阜市内には、日本児童育成園(岐阜市長良森町1丁目11番地 電話(058)231-1387)があります。