ノンフィクション作家 石井 光太氏による児童虐待防止啓発講演会を開催

ノンフィクション作家 石井 光太氏による児童虐待防止啓発講演会を開催
(2017年9月22日更新)

子どもの命を守るために いま私たちにできること

 いま、児童虐待により幼い命が失われています。子どもの命を守るために、私たちに何ができるでしょうか。
 今回は、厚木市の幼児餓死白骨化事件、足立区のウサギケージ監禁虐待死事件などを丹念に取材し、「鬼畜の家」~わが子を殺す親たち』を執筆されたノンフクション作家の石井光太さんをお迎えし、様々な分野にわたる取材、執筆活動を通じて考えられたこと、子どもの命を守るために私たちにできることについてお話しいただきます。  
 講師 石井 光太氏(ノンフィクション作家)     
石井氏

(プロフィール)
1977 年 東京都生まれ。ノンフィクション作家。大学卒業後にアジアの貧しい国々をめぐり、ドキュメンタリー『物乞う仏陀』(文芸春秋)でデビュー。その後、内外の貧困、災害、事件、歴史など幅広いテーマで執筆活動を続けながら、全国各地での講演、中学校・高校等での特別授業など、様々な活動を行っている。
『幸せとまずしさの教室』、『みんなのチャンス』、『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。-マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える』など児童書の著書も多数。

  チラシ(FAX申込票)はこちら⇒ 講演会チラシpdf.

開催日時・会場など

   1 日時    平成29年11月10日(金曜日) 13時30分~15時30分(開場:12:30)

 2 会場    みんなの森 ぎふメディアコスモス(みんなのホール)

 3 定員    100名
         ※応募者多数の場合は抽選となります。抽選結果は申込者全員にはがきでお知らせします。

 4 申込方法
 下記入力フォームへの直接入力でお申込みいただくか、はがき、FAX(チラシ裏面に送信票あり)
 Eメールに下記事項を記入のうえ、お申込みください。
  《はがき・FAX・Eメールへの記載事項》
   (1)「講演会申込」と明記(2)郵便番号・住所(3)氏名 (4)電話番号 (5)託児希望の有無
      ※託児希望有の場合、下記5をご覧ください。

  《はがきの郵送先》
     〒500-8813 岐阜市明徳町11番地
     岐阜市子ども・若者総合支援センター 児童虐待防止啓発講演会 担当行     

  《Eメールでお申し込みの場合》
     下記をコピー&ペーストしてお申込みください。
    (メール送信先)yell-g@city.gifu.gifu.jp
    (メール件名)講演会申込
    (本   文)
       郵便番号:
       住  所:
       氏  名:
       電話番号:
       託児希望の有無:有/無
        ※ 託児希望の場合は下記5をご覧ください。
     
 5 託児を希望される方へ
 講演時間中、会場内(かんがえるスタジオ)で託児(未就学児に限る)を実施します。
 託児を希望される場合は、お申込みの際に、お子さんのお名前、年齢、託児中の緊急連絡先もあわせて
 ご記入ください。※応募者多数の場合は抽選となります。   

 6 講演会お問い合わせ先
 岐阜市子ども・若者総合支援センター
 電話:058-269-1615(直通)        

児童虐待防止啓発講演会申込フォーム

1 氏  名
 
2 郵便番号・住所
 
郵便番号は半角で入力してください


3 電話番号
 
半角で入力してください
4 氏名1
講演会会場で託児を希望される場合は、お子様のお名前を入力してください。 
4 生年月日1
お子さん(氏名1)の生年月日を入力してください。 
数字は半角で入力してください
5 氏名2
講演会会場で託児を希望される場合は、お子様のお名前を入力してください。 
5 生年月日2
お子さん(氏名2)の生年月日を入力してください。 
数字は半角で入力してください
6 託児中緊急連絡先
 
半角で入力してください