バス研修 長良川薪能をより楽しむために 奈良研修~演目にちなんで~

バス研修 長良川薪能をより楽しむために 奈良研修~演目にちなんで~
(2018年5月10日更新)

バス研修 長良川薪能をより楽しむために 奈良研修~演目にちなんで~

 

岐阜の夏を幻想的に彩る長良川薪能に先立ち、能に親しむ勉強会として、バス研修を開催します。今年の演目「熊坂」にちなんで、大垣市の美濃国分寺や奈良市の西大寺を拝観し、柿の葉ずし作りを体験していただきます。重要無形文化財「能楽」の総合認定保持者である後藤嘉津幸さん、元歴史博物館館長の薮下浩さんが同行して解説を行います。現地では今年の出演者である金春穂高氏(金春流シテ方)と合流し、お話を伺います。


 

◆日  時  平成30年7月18日(水曜日)午前7時50分~午後7時30分頃
 
◆行 き 先   美濃国分寺、西大寺など 
 
◆会  費   14,000円(バス代、拝観料、体験料、昼食代等) 
 
◆募集人数   40名(応募者多数の場合は抽選) 
 
◆申し込み方法 はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を記載して文化芸術課
        「奈良研修係」(〒500-8701岐阜市今沢町18)まで。
        はがき1枚につき1名応募。 

 ◆応募締め切り 6月15日(金曜日)必着