負担割合証について

負担割合証について
(2016年11月29日更新)
 制度改正により、一定以上の所得のある方は、平成27年8月からサービスを利用した時の負担割合が2割になります。

負担割合証の交付

 毎年7月下旬に要介護認定を受けている人に「負担割合証」を送付します。負担割合証の適用期間は、原則毎年8月1日から翌年7月31日です。
 負担割合証が届いたら、負担割合を確認の上、サービスを利用する事業所または施設に提示してください。
 負担割合証の交付(再交付は除く)について、申請等の手続きは必要ありません。

負担割合 

  65歳以上の方で、合計所得金額が160万円以上の方は、介護サービスを利用したときの負担割合が、2割になります。その他の方の負担割合は、1割です。

 ただし、合計所得金額が160万円以上であっても、下記の場合は、1割負担になります。
(1)同一世帯に65歳以上の方が1人の場合は、「年金収入額+その他の合計所得金額」が280万円を下回る場合
(2)同一世帯に65歳以上の方が2人以上いる場合は、「年金収入額+その他の合計所得金額」が合計346万円を下回る場合

※「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額のことです。
※「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額のことです。

厚生労働省周知用リーフレット(負担割合).pdf( 375KB )
負担割合証案内チラシ.pdf( 866KB )

 負担割合証を紛失したとき

 再交付申請書を記入し、介護保険課または各事務所に提出してください。後日、負担割合証をお送りします。
 即日交付をご希望の場合は、身分証明書をご用意の上、介護保険課にお越しください。

再交付申請書.doc( 40KB )
再交付申請書.pdf( 64KB )

【記入例】再交付申請書.doc( 48KB )
【記入例】再交付申請書.pdf( 111KB )


問い合わせ先
介護保険課 給付係
058-214-2092(直通)