生活管理指導短期宿泊事業

生活管理指導短期宿泊事業
(2015年5月25日更新)
基本的生活習慣が欠如しているひとり暮らし高齢者等が、疾病ではないが体調不調な状態に陥った場合など、一時的に養護する必要がある場合に、短期間の宿泊により日常生活に対する生活指導、支援を行い、要介護状態への進行を防止します。

サービスを利用できる人

要介護・要支援認定で非該当と判定されたおおむね65歳以上の高齢者等で基本的生活習慣等が欠如している人で、この事業の対象者として適当と認められた人。

サ-ビスの内容

養護老人ホーム等の短期入所用ベッドや空き部屋を活用して一時的に宿泊し、生活習慣等の指導を行うとともに体調調整を図ります。
利用期間は、1週間を目安とします。

費用の負担

1日につき381円(被保護世帯は免除です。)
なお、飲食費等は実費負担です。

申請

申請手続きは地域包括支援センターが行いますので、地域を担当する地域包括支援センターに相談してください。

問い合わせ先

地域を担当する地域包括支援センター
高齢福祉課 地域包括支援係
 電話 058-214-2090