平成29年度「歯やお口に関する川柳」受賞者決定しました

平成29年度「歯やお口に関する川柳」受賞者決定しました
(2017年11月14日更新)

応募総数1,641作品の中から、小・中学生部門と一般部門の入賞作品を紹介します。

小・中学生部門


最優秀賞

29saisyuusyou

<コメント>
 ぼくが、通っている長森東小学校は、歯みがきについてがんばっています。給食後の歯みがきタイムで、3分以上歯みがきをしています。みがき方も工夫しています。犬歯は、縦みがき、奥歯は王様みがきなどです。
 家でも朝晩みがいています。
 この川柳は、歯みがきをして、ずっと白い歯で笑っていたいという思いをこめました。これからも、歯みがきをしてずっと健康な歯と口でいたいです。

 優秀賞
ha
 

<コメント>
 ぼくは、ときどきはみがきが、めんどうくさい時があります。そのとき、おばあちゃんは、自分のぶぶんいればを見せて、「はをみがかんと、こんなふうになるよ。」と、おどすから、ぼくはちゃんとみがこうと思いました。
 いつもカラーテストでとくに前ばがよくよごれているのでみがくときには、前ばをきをつけてみがいています。

一般部門


最優秀賞
29saiyuuippan

<コメント>
  子供の頃、下の歯が抜けると空に向って投げ、上の歯が抜けると地面に投げる「おまじない」をした思い出があります。子供が生れてからは、歯茎に真珠のような白い歯を見つけ、「出てきた出てきた」と喜び、歯が抜け替る時「おまじない」を思い出しながら教えました。歯ならびの良い健康な身体と歯ならびの良い明るい笑顔は親からの大切なおくりものです。


優秀賞
29yuuippanhaha
<コメント>
 一人の親として、子どもに対する素直な気持ちを五七五にしてみました。
 小さな乳歯が生え始めた時から欠かさず続けている、夕食後の仕上げ磨き。この先一生使い続けることのできる歯を育むために、願いを込め、毎晩わが子と向き合っています。歯の成長や大切さを確かめ合う時間であり、たわいのない話をしたりじゃれ合ったりもする、コミュニケーションの時間にもなっています。これからも続けていきたいです。
 

小・中学生部門 入選作品

むし歯ゼロ 親にも感謝 わすれない  澤居 修吾さん    
考えよう 自分の未来 歯の未来 髙井 沙彩さん    
磨こうね ごちそうさまの しめくくり 柿沢 祐季さん    
「歯みがきは?」 おやすみまえの あい言葉 木村 紗子さん    
自分の歯 旅立つ日まで 大切に 多賀谷 美桜さん   
歯みがきは すてきな笑顔を 連れてくる 北川 歩実さん
一生の 元気を求め はみがきで 伊藤 舜真さん
歯を守る ボクはヒーロー ハブラシマン 根村 奈々珠さん
歯みがきを 朝昼晩と 忘れずに 高田 梨里愛さん
一生の 宝物だよ わたしの歯 八十川 寧音さん
歯みがきが シャカシャカシャカと うたってる 岩田 穂香さん

一般部門 入選作品

 

得意顔 歯みがきできたと 孫二才 富成 睦美さん
自分の歯 代わりがないよ 大切に 上田 佳奈さん
は、は、は、は、と 笑って食べる 丈夫な歯 加藤 シズカさん
清潔さ 歯を磨くのも 志! 加藤 勝壱さん
かかりつけ 安心ケアで 健口に 柳下 たみ子さん
きれいな歯 健口長寿で 百までも 桐山 桂さん
歯は命 食べる幸せ かみしめる 小林 光枝さん
聞かれたら 長寿の秘訣 歯が丈夫 小林 勝志さん
美味しさは よく噛み味わう 気持ちから 井川 淳子さん
自分の歯 磨くじいちゃん かっこいい ペンネーム   山野 柘榴子さん