高齢者のインフルエンザ予防接種について

高齢者のインフルエンザ予防接種について
(2017年11月16日更新)

インフルエンザ予防接種の期間を延長しました

◆インフルエンザ予防接種期間
 平成30年1月31日(水曜日)まで(休診日は除く)

インフルエンザの予防接種を受けましょう

インフルエンザが流行する時期に備えて、予防接種を受けましょう。
特に、高齢者のインフルエンザ予防接種は、肺炎などの重症化を防ぐのに効果があると言われています。
岐阜市では、高齢者のインフルエンザ予防接種を次のとおり実施します。

対象者 岐阜市に住民登録がある人

接種時に65歳以上の人

接種時に60歳~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害で、身体障害者手帳1級をお持ちの人

接種期間

平成29年10月15日~平成30年1月31日(委託医療機関の休診日は除く)

接種回数

1回


接種料金

1,700円(ただし、生活保護世帯の人は無料です)


実施医療機関

お住まいの地区にかかわらず、受診できます。

下記医療機関一覧をご確認ください。

平成29年度予防接種委託医療機関一覧( pdf : 391KB )

受付・申込など

 

  1. 事前に別表の医療機関に予約してください。
  2. 医療機関の窓口に住所、年齢などが確認できるもの(健康保険証、身体障害者手帳など)を提示してください。  
  3. 医療機関で、予診票(別表医療機関の窓口に置いてあります。)に必要事項を記入し、裏面の「インフルエンザ予防接種希望書」に署名してください。

市外の医療機関で予防接種をご希望の方

*岐阜市外の施設に入所または病院に入院している人は、下記までお問い合わせください。

*予防接種対象の人で、市外の県内医療機関で予防接種を希望される場合は、県内の医療機関で受けることができます。実施している病院については、岐阜県ホームページ「定期予防接種の広域化について」をご確認ください。なお、接種時には市が発行した予診票が必要となりますので、保健所地域保健課にお問い合わせください。

*予防接種対象の人で、県外で予防接種を希望される場合は、保健所地域保健課へお問い合わせください。