熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう
(2017年5月22日更新)

 熱中症は、体内の水分・塩分のバランスが崩れたり、体温調節がうまくできなくなることによって起こり、重症化すると生命に危険が及ぶ場合があります。とくに、高齢者の方やお子さんは注意が必要です。

 室内でも熱中症は起こりますので、急に気温が高くなった日や暑い日が続く時期には気をつけましょう。

熱中症対策のポイント

 熱中症予防のためには、気温の変化や暑さに備えた身体づくりが大切です。
 特に、汗をかかない季節から少し早足でウォーキングし、汗をかく機会を増やしていれば、夏の暑さに負けない身体をより早く準備できることになります。
 日ごろから、運動習慣を身に着け、バランスのとれた食事をとり、十分な休息や睡眠を心がけるなど、健康づくりに取り組んでいきましょう。

詳しく知りたいときには