紙すきでハガキを作ろう

紙すきでハガキを作ろう
(2012年11月26日更新)

ようこそ紙すき体験講座へ

牛乳パックからはがきを作りましょう

紙すき作品のサンプル写真


  1  紙パルプを作りましょう


  2  リサイクルはがきを作りましょう


牛乳パックからはがきを作る原料となる“パルプ”を取り出し、“パルプ団子”を作ります

パルプ団子を作る道具

パルプ団子を作る道具の写真 
  • ミキサー
  • 深いなべ
  • ざる
  • バット
  • ふきん又はタオル
  • はかり(1グラム目盛りあり)
  • 時計(秒針のあるもの)

パルプ団子の作り方

1  牛乳パックを煮る

牛乳パックを煮ている写真 

切り開いた牛乳パックを、適当な大きさに切って1時間ほど煮ます。その後、そのまま一晩浸けておき、水分をよくしみこませます。


2  牛乳パックのラミネートをはがす

ラミネートをはがしている写真 

水分が完全にしみ渡っていたら、両面のラミネートをはがします。


3  ミキサーでかき混ぜる

ミキサーでかき混ぜている写真 

牛乳パック2~3枚分の紙片に水1,500ccを入れて3分ほど攪拌します。


4  ざるでこす

ざるでこしている写真 

目の細かいざるに流し込んで、水分を切ります。


5  団子をつくる

はかりで重さをはかっている写真 

一つのパルプ団子を20~25グラムになるように握ります。


6  日に当てて乾燥させる

バットで乾燥の写真 

バットに並べて5~7日ほど日光に当て、中までよく乾燥させて保存します。


牛乳パックから取り出した“パルプ”を使って、はがきを作ります

はがきを作る道具

かみすきのどうぐ 
  • ミキサー
  • 時計(秒針のあるもの)
  • 木枠
  • タオル
  • スポンジ
  • ナイロンメッシュ、又はガーゼ

  • アイロン
  • 耐熱ボード
  • 白いハンカチ
  • 水槽
はがきを作る道具 アイロン はがきを作る道具 水槽

リサイクルはがきの作り方

1  パルプ団子を水でもどす

パルプ団子を水でもどしている写真 

ミキサーにパルプ団子1個(はがき1枚分)と水1,500ccを入れ、30秒かき混ぜます。


2  木枠に流し込む

木枠に流し込んでいる写真 

水をはった水槽の中に、木枠を沈めてこの中に流し込みます。


3  水を切る

水を切っている写真 

水位が下がったら、木枠をゆらさないように引き上げて、タオルの上で水を切ります。


4  薄い布でおおう

薄い布でおおう写真 

木枠の上部をはずし、金網の上の、はがきの形になったパルプを、ナイロンメッシュでおおいます。


5  水分を取る

水分を取っているところ 

ナイロンメッシュをずらさないように、タオルの上に裏返し、金網の上からスポンジを押しつけて、水分を取ります。


6  アイロンで乾かす

アイロンで乾かすところ 

はがきの形がこわれないように木枠をはずし、白い布でおおってアイロンをかけます。


7  郵便番号印を押す

郵便番号のゴム印を押す 

よく乾燥させた後、郵便番号印を押します。


リサイクルはがきのいろいろ
押し葉や絵の模様入れも作れます
完成品のサンプル

リサイクル工芸室