公的年金のしくみと加入する人・できる人

公的年金のしくみと加入する人・できる人
(2015年10月1日更新)

国民年金とは

公的年金のしくみと加入する人・できる人

  国民年金は、日本に住所のある20歳から60歳までの人が加入しなければなりません。国民年金は公的年金の一つで、高齢者になったときだけではなく、障害や死亡で生活の安定が損なわれることのないよう、所得保障するために設けられた国の制度です。公的年金には、国民年金のほか厚生年金があります。

 

※国民年金は公的年金の基礎部分で、厚生年金はそれに上乗せした部分があります。
※第1号被保険者・・・自営業者・学生・アルバイト
加入の手続き先:市役所・各事務所
第2号被保険者・・・会社員・公務員
加入の手続き先:勤務先
第3号被保険者・・・ 会社員など(第2号被保険者)に扶養されている配偶者
加入の手続き先:配偶者の勤務先 

国民年金に任意加入できる人

  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人  
  • 60歳未満の老齢(退職)年金受給者  
  • 海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人  
  • 昭和40年4月1日以前に生まれ、65歳に達しても老齢基礎年金の受給権のない人は70歳まで