第59報 東日本大震災避難者鵜飼観覧招待事業について

第59報 東日本大震災避難者鵜飼観覧招待事業について
(2012年10月2日更新)

平成23年6月8日現在(第2次募集締切日)、岐阜県内には東日本から351人を超える人たちが避難され、異郷の地で不自由な生活を送られています。

長良川鵜飼開幕日には、岐阜圏域に居住されている方を対象に、1回目の鵜飼観覧招待を行いました。あいにくの悪天候もあり、4家族8人の参加という結果となりましたが、6月25日、7月2日に、改めて西濃・中濃、東濃、飛騨、岐阜圏域(再度)居住者を対象に、下記のとおり鵜飼招待事業を実施いたします。

ついては飛騨、東濃、中濃など遠路からの参加者のため、各種団体の善意により、鵜飼観覧無料招待だけでなく、送迎、宿泊、岐阜公園周辺の観光施設なども無料でご利用いただけます。

往復の行程には、往路・復路ともにぎふNPOセンター所属のボランティアスタッフがサポートし、岐阜県内から60人を超える方が参加を予定されています。

1 実施日

平成23年6月25日~26日(土・日) 参加者37人(9家族)

平成23年7月2日~3日(土・日) 参加者24人(7家族)

2 行程(参考)

初日:PM5時30分乗船場~5時45分鵜匠説明~6時00分乗船開始~鵜飼観覧~8時30分下船~宿泊施設

翌日:AM9時00分岐阜公園総合案内所集合~自由行動(各施設見学)~11時30分集合~12時00分各地へ出発

3 事業主催者

岐阜市

4 協力団体・施設

(社)岐阜県バス協会、岐阜市旅館ホテル協同組合、岐阜ホテル会、岐阜長良川温泉旅館協同組合、(財)岐阜観光コンベンション協会、岐阜観光索道(株)、岐阜城、岐阜市歴史博物館、加藤栄三・東一記念館、(財)岐阜市みどりのまち推進財団(立札茶席)、岐阜大仏殿、名和昆虫博物館、NPO法人・ぎふNPOセンター、岐阜県防災情報センター、JTB中部

5 その他

当日悪天候の場合は、招待事業は中止(いずれも前日の夜8時に決定)

問合せ先

商工観光部鵜飼観覧船事務所

058-262-0104