第53報 東日本大震災による災害復旧支援活動の終了について

第53報 東日本大震災による災害復旧支援活動の終了について
(2014年2月28日更新)

東日本大震災の被災地(岩手県上閉伊郡大槌町)で避難所等から排出される一般廃棄物の収集運搬等にあたっていた支援活動は、被災した地元の一般廃棄物収集運搬業者の収集運搬体制復旧に伴い同町が5月から業務委託することとなったため、4月30日(土)をもって終了し、5月2日(月)午後6時15分に岐阜市(木田環境事務所)へ帰還しましたので、報告します。

(1)派遣先

岩手県上閉伊郡大槌町(かみへいぐんおおつちちょう)

(2)派遣期間

平成23年3月30日(水)~平成23年5月2日(月)

現地支援活動期間:4月1日(金)~4月30日(土)

1班/5泊6日の日程

(3)派遣人数

のべ144名

18名/班

内訳

岐阜市環境事業課8名

岐阜県清掃事業協同組合5名

岐阜県環境整備事業協同組合5名

(4)使用車両

連絡車1台

パッカー車4台

トラック3台

合計8台

(5)支援内容

大槌町内の避難所等から排出される一般廃棄物を収集し、資源ごみは同町清掃事業所、可燃ごみは岩手沿岸南部クリーンセンター(当初は盛岡・紫波地区環境施設組合清掃センター)へ搬入する作業を実施した。

(参考)

搬入した可燃ごみの量(のべ)

90車

107,130kg

※ただし、資源ごみの一部を含む

問合せ先

環境事業課

058-214-2167