第11報 東北地方太平洋沖地震の被災者への市営住宅の提供について(平成23年3月17日)

第11報 東北地方太平洋沖地震の被災者への市営住宅の提供について(平成23年3月17日)
(2014年3月7日更新)

岐阜市におきまして、市内の市営住宅の一部において、東北地方太平洋沖地震被災者に対する住宅提供を、実施することとします。

提供する住宅戸数と入居条件

提供戸数

即入居可能23戸、申込みから10日以内入居可能45戸の計68戸

団地名:大洞緑・三田洞・菅生・島など

入居条件等

(1)入居者の資格

東北地方太平洋沖地震被災者で罹災証明書がある世帯


(2)入居可能日及び入居期間の限度

入居可能日:平成23年3月22日(火)から

期間:入居許可日から1年以内


(3)使用料(家賃)

家賃及び敷金は免除


(4)その他

連帯保証人は不要

入浴設備(浴槽、風呂釜)が、ない部屋があります

申込みの受付

(1)受付開始日

平成23年3月18日(金)から(午前9時から午後5時まで)

ただし、土曜日、日曜日及び祝日は除きます。


(2)入居受付場所

岐阜市役所北別館(岐阜市端詰町56番地・本庁の北約100m)


(3)問合せ先

岐阜県住宅供給公社岐阜事務所