市たばこ税について

市たばこ税について
(2016年12月22日更新)

 市たばこ税は、製造たばこの製造者、特定販売業者または卸売販売業者が市内の小売販売業者に売り渡したたばこにかかる税金です。

納める人(納税義務者)

製造たばこの製造者・特定販売業者・卸売販売業者

ただし、たばこの小売価格にはすでに市たばこ税が含まれているので、実際に税金を負担しているのはたばこを買う人です。

税率

 

期間 

 税率(1,000本あたり)

 旧3級品以外のたばこ   旧3級品のたばこ※
 平成28年4月1日から
平成29年3月31日まで
       5,262円        2,925円
 平成29年4月1日から
平成30年3月31日まで
       5,262円        3,355円
 平成30年4月1日から
平成31年3月31日まで
       5,262円        4,000円
 平成31年4月1日から        5,262円        5,262円
  ※旧3級品のたばこ:わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット等

 税制改正により旧3級品のたばこに係る税率の引上げが行われます。
 この改正は平成28年4月1日から実施されていますが、激変緩和の観点から経過措置が講じられ、上記の4段階に分けて税率改正が実施されます。

 

申告と納税

製造たばこの製造者・特定販売業者・卸売販売業者が、毎月1日から月末までの売り渡し分について、翌月の末日までに市に申告し納付することになっています。


その他のたばこ税


たばこには市たばこ税のほかに、4つの税金が課せられています。
5つの税金を合わせると定価の6割を超えています。

  • 国たばこ税
  • 道府県たばこ税
  • たばこ特別税
  • 消費税