CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

平成23年度 人権作品(ポスター)

平成23年度 人権作品(ポスター)
(2012年9月11日更新)

 岐阜市では、第2次岐阜市人権教育・啓発行動計画を策定し、学校教育や社会教育を通じて、人権を尊重するまちづくりに努めています。

 例年11月11日~12月10日までの1か月を、「人権尊重推進強調月間」と定め、「人権の広場」をはじめとするいくつかのイベントを開催し、人権尊重の精神の普及活動を進めています。

 その一環として、「人権尊重の精神を養い、偏見や差別の解消をめざして積極的に取り組む児童や生徒を育てる」という趣旨のもと、人権に関するポスターを募集しました。

 その結果、小学生(4年生以上)・中学生から総計で848点の応募がありました。

 審査の結果、岐阜市長賞2点、教育長賞2点、岐阜市人権教育・啓発推進協議会長賞2点、岐阜市人権教育・啓発推進専門委員会長賞2点、入選8点、佳作20点、努力賞50点を選び、これらの作品を「人権に関するポスター作品集『心の輪を求めて』」にまとめました。

 お互いの人権を尊重し合うためには、身近な日常生活の中にある差別や不合理をみつめ、その解決のために自分はどうするべきかを考え、そしてはたらきかけることが大切です。これらの人権に関する作品が、人間としての生き方を問う学習資料として活用されることを願っています。


岐阜市長賞

岐阜市長賞 木田小学校6年 青木 楓

                                                    

                          木田小学校 6年 青木 楓

 どれだけ性格や外見がちがっても、みんな同じ人間。絶対に差別などしてはならない。みんな仲良くなれる仲間です。私は、どんな人もみんな同じ世界で、元気にくらしてほしいと願うのです。


岐阜市長賞 伊奈波中学校3年 武藤 友加


           伊奈波中学校3年 武藤 友加


 世界中には差別というものがまだ残っています。私はその差別がなくなればいいと思って、この作品を描きました。絵の中にある2つの手は、人種がちがっても差別せず、仲良くしようという意味がこめられています。そして、地球を描き、世界中で差別がなくなるようにという願いをこめました。この絵を見て、少しでも人権のことを考えていただければ嬉しいです。また、私の通っている学校では、友達のいいところをみつけて互いに尊重しあう学級づくりをしています。そんな身近なところから、相手のことを思いやる心を大切にしていきたいです。


教育長賞

教育長賞 芥見小学校6年 川瀬 瑠奈

             

                           芥見小学校6年 河瀬 瑠奈


 私は、この作品を見た人が、この標語の『心から 言えたらいいな 「ありがとう」』のように、心から「ありがとう」と思ってほしい。たくさんの人が、心から「ありがとう」と伝えて、その言葉でたくさんの人に温かい気持ちでいっぱいになってほしいという願いを作品にこめました。


教育長賞 精華中学校3年 坂口 瑠菜


                精華中学校3年 坂口 瑠菜


  イジメや差別等で心に深い傷を負い、苦しんでいる人達を、青いブロックの手を崩す事によって表現し、その人達のSOSに気付き、優しく手をさしのべてほしいという願いを込めて、ブロックの手を必死でつかもうとしている手を描きました。たった一言声をかけるだけで、救われる人達がいるという事を、このポスターを通して、たくさんの人達に知ってもらいたいです。


岐阜市人権教育・啓発推進協議会長賞

岐阜市人権教育・啓発推進協議会長賞 早田小学校5年 田中 颯馬


                早田小学校5年 田中 颯馬


 ぼくは、岐阜がやさしさであふれる町になってほしいです。子どもが無事に安心して大きくなるのを、お父さん・お母さんはもちろん、周りのいろんな人たちが見守ってくれるような町になってほしい。みんな一人ひとりが、心の中にやさしさをもっていると思います。やさしさの種から花を咲かせ、人権を大切にする気持ちをしっかり育てていきましょう。ぼくも、守られるだけでなく、周りの人たちを笑顔にできるようがんばりたいです。

岐阜市人権教育・啓発推進協議会長賞 岐北中学校2年 宮部 空


           岐北中学校2年 宮部 空


 「人はそれぞれ皆違うけれど、それも個性の一つだ」ということを伝えられるようなポスターにしました。願いは、向き合う二人の様子を見て「お互いのことを思いやる」というような感情をもってもらえたらと思います。

岐阜市人権教育・啓発推進専門委員会長賞

岐阜市人権教育・啓発推進専門委員会長賞 網代小学校5年 早川 友樹


                網代小学校5年 早川 友樹


 ぼくは、夏休みに「寿楽苑」という老人ホームに行って、車いすや介護の勉強をして、障がいのある人や、お年よりの人にやさしくしてあげたいと思いました。そして、ぼくはサッカーが大好きで、ブラジルの選手がとても上手で、ぼくもそうなりたいなあと思い、練習しています。はだの色で差別するのは、おかしいと思います。


岐阜市人権教育・啓発推進専門委員会長賞 伊奈波中学校2年 鷲見 美沙貴


        伊奈波中学校2年 鷲見 美沙貴


 標語にもある通り、「だいじょうぶ」と言って助けてあげるような絵を描きました。「だいじょうぶ」と言われると、誰でもうれしくなります。また、「だいじょうぶ」と言った側もうれしくなります。最近は、困っている人がいると、まわりの人が「だいじょうぶ」と声をかけあって、心配したりはげましたりする姿が多いので、人を大切にする気持ちは大切だと思います。最近、人に「だいじょうぶ?」と言ってない人や、言われていない人も、この絵を見て少しでも気持ちが変わればいいなと思います。

入選

入選 木田小学校4年 春日悠太朗

木田小学校4年 春日 悠太朗

入選 早田小学校6年 大成 栄里

早田小学校6年 大成 栄里


入選 早田小学校6年 酒井 里奈

早田小学校6年 酒井 里奈

入選 黒野小学校6年 高木 七実

黒野小学校6年 高木 七実


入選 黒野小学校6年 野原 大誠

黒野小学校6年 野原 大誠

入選 加納中学校2年 曽根 未宇

加納中学校2年 曽根 未宇


入選 伊奈波中学校3年 水野 美紅

伊奈波中学校3年 水野 美紅

入選 伊奈波中学校3年 高橋 愛結

伊奈波中学校3年 高橋 愛結