日野の大屋根(住宅)

日野の大屋根(住宅)
(2018年1月11日更新)

景観賞《建築物部門》

日野の大屋根
日野の大屋根_02

 

物件情報

【所在地】 日野北3丁目
【所有者】 飯沼 康之
【設計者】 武藤圭太郎建築設計事務所
【施工者】 株式会社 松原建築商事
【造園者】 有限会社 リビングデザイン

講評

高橋 理 委員

 圧倒的な存在感を放つ大屋根が目を引く住宅建築である。カーポートを兼ねた大屋根にはスクエアな穴が3つ。穴の下には植物が植えられ、大屋根一つで住宅と庭を一体化させた大胆な建築だ。大屋根をよく見ると、片側には雨どいがなく、スッキリした外観を演出している。住み手が重視したのは適度な開放感だといい、住宅の格子戸を開ければ、大屋根の穴を通して周りの風景を楽しむことができる。この建物が建っているのは、北に長良川が流れ、南に舟伏山がそびえる自然豊かな地域。さらに昔ながらの和風家屋も建ち並んでいる。そのような環境のなかで漆喰の白い壁が周囲の景観と絶妙に調和しながらも、大屋根が強力に自己主張をしている建築である。