直接投入型ディスポーザーの無償貸出事業を実施中です

直接投入型ディスポーザーの無償貸出事業を実施中です
(2017年3月30日更新)
 岐阜市では、直接投入型ディスポーザーの普及促進策として、下水道をご使用の皆様に直接投入型ディスポーザーを体験していただく機会を設けるため、無償貸出事業を実施しています。

直接投入型ディスポーザーとは

 ディスポーザーとは、台所の流し台の下に設置して、生ごみを粉砕処理する装置をのことです。このうち、粉砕処理した生ごみを流水とともに直接下水道へ流すことができるものを「直接投入型ディスポーザー」といいます。

 詳細は、「直接投入型ディスポーザーを使用してみませんか?」のページをご覧ください。

直接投入型ディスポーザー

無償貸出事業

概要

  • 協力事業者が保有する直接投入型ディスポーザーを無償で30日間貸し出します。
  • 設置・撤去工事は、協力事業者が無償で行います。
  • 貸出ディスポーザーは、貸出期間終了後14日以内に撤去します。

応募条件

以下の条件を全て満たす方に限ります。

  • 北西部処理区にお住いの方
  • 家事用で下水道を使用中の方
  • ディスポーザーに関するアンケートにご協力いただける方

<北西部処理区>
無償貸出ディスポーザー設置区域

応募方法

募集期間

 平成28年7月21日から平成29年12月28日まで

申込み方法

 「無償貸出ディスポーザー一覧( pdf : 39KB )」から、希望するディスポーザーを選択の上、「無償貸出ディスポーザー設置申請書( docx : 23KB )」にご記入いただき、岐阜市上下水道事業部 営業課 審査検査係まで提出してください。
(記入例)無償貸出ディスポーザー設置申請書( pdf : 100KB )

その他

 申請受付後、申請順に現地調査等を行って設置の可否を決定し、申請結果を通知します。

注意事項

・応募に当たっては、ディスポーザー無償貸出事業実施要綱( pdf : 138KB )を必ず確認してください。
・シンクの形状によっては、設置できない場合があります。
・1 戸(1 構)につき1 台、1 回限り設置可能です。
(例)母屋と離れが1 箇所で下水道本管に接続している場合・・・1 台
 集合住宅の場合・・・各戸で1 台(排水設備の所有者の承諾が必要)
・排水処理装置を有した排水設備には設置できません。
・無償貸出期間中の下水料金のうち、ディスポーザーに係る料金は免除されます。
・無償貸出ディスポーザーの使用に伴う電気料金及び水道料金は負担願います。
※「無償貸出ディスポーザーの不適切な使用」や、「無償貸出ディスポーザー以外の要因」によって発生した排水設備等の不具合解消に係る費用は負担願います。
・無償貸出ディスポーザーの使用により設置者が受けた損害について、当該ディスポーザーの品質又は設置(撤去)工事に起因する不具合(撤去後に判明したものを含む。)を除き、岐阜市及び協力事業者は、責任を負いません。 
・この事業の取り組みは、岐阜市上下水道事業部のホームページ等に掲載するほか、今後の普及促進等に活用します。
・無償貸出ディスポーザーの設置(撤去)工事後に、現場検査を行う場合があります。
・そのほか、排水設備等の適切な維持管理のため、岐阜市が行う調査等への協力をお願いいたします。

問い合わせ先 上下水道事業部 上下水道事業政策課 施設計画係 TEL 058-259-7512