おいしい水の要件

おいしい水の要件
(2017年9月26日更新)
 本市の水道水源は、伏流水と地下水によってまかなわれており、全国的にもおいしい水道水として評価を頂いております。
 その評価の一つとして、厚生省の「おいしい水研究会」が発表(昭和60年4月24日付け報告書にて)した「水道水のおいしい都市」に、岐阜市が選ばれています。

<おいしい水の水質要件>
項目 指標 内容
おいしい水の水質要件 鏡岩水源地
蒸発残留物(mg/l) 30~200  44 主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦み等が増し、適度に含まれるとまろやかな味がする。 
硬度(mg/l) 10~100 21 ミネラルのなかで量的に多いカルシウム・マグネシウムの含有量を示し、硬度の低い水はくせがなく、高いと好き嫌いが出る。
遊離炭酸(mg/l) 3~30 5.2 水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる。
過マンガン酸カリウム消費量(mg/l) 3以下 0.5 有機物量を示し、多いと渋みをつけ、多量に含むと水の味を損なう。
臭気強度(度) 3以下 1未満 匂いがつくと不快な感じがする。
残留塩素(mg/l) 0.4以下 0.4 水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくする。
水温(℃) 20℃以下 14.0 冷やすことによりおいしく飲める。
注)水道水のおいしい都市としては、人口10万人以上で市民の大部分がおいしい水道水を利用できる都市として32都市が選定されました。
注)水質データは、鏡岩水源地(岐阜市における代表的な給水地点)の検査結果を使用しています。【採水年月日:平成29年4月27日】

問い合わせ先 上下水道事業部 水質管理課 TEL 058-259-7521