岐阜市被保護者調査における報告誤り事案に係る検証委員会(報告書)について

岐阜市被保護者調査における報告誤り事案に係る検証委員会(報告書)について
(2016年2月17日更新)

 岐阜市では、被保護者調査における扶助別被保護者数の調べの報告誤り事案(概要は、下記を参照。以下「事案」という。)に関し、「岐阜市被保護者調査における報告誤り事案に係る検証委員会」(以下「委員会」という。)を設置し、生活保護システムの導入に係る経緯、システムの不具合の項目、内容、原因等について、必要な調査を行い、その結果について検証し、本事案に係る再発防止策及び今後の対応について、平成28年2月12日に、検証結果報告書を取りまとめました。
 委員会の概要及び検証結果報告書は、下記のとおりです。
 今後、委員会においてとりまとめた再発防止策を着実に実施し、適正な事務執行を徹底してまいります。

1 事案の概要

 生活保護システムにより集計を行い厚生労働省に毎月報告していた、生活保護に係る統計調査「被保護者調査」の各扶助人員(社会福祉関係の統計調査「福祉行政報告例」における中国残留邦人等支援給付の被給付人員を含む。)の数値について、システムプログラムの不具合(主に統計数値の集計方法がシステム導入当初から正確にシステムプログラムに反映されていなかったことから生じたもの)による誤りがあった。
 この統計数値の誤りについては、システムプログラムの修正等により正しい数値を算出し、厚生労働省へ修正数値の報告を行った。

2 委員会の概要

(1) 所掌事務
  ・事案に係る事実関係の調査及び検証
  ・事案に係る再発防止策の策定    等
(2) 組織
    委員長 浅井副市長
    委員  今岡副市長、市長公室長、財政部長及び行政部長
 

3 報告書

(1) 被保護者調査における報告誤り事案に係る検証結果報告書(概要版)
   報告書(概要版)( pdf : 122KB )
(2) 被保護者調査における報告誤り事案に係る検証結果報告書
   報告書( pdf : 11451KB )