~夏は「ひんやり」、冬は「あったか」~ 地中熱の利用について

~夏は「ひんやり」、冬は「あったか」~ 地中熱の利用について
(2018年5月25日更新)

地中熱の利用について

 「地中熱」という言葉を聞いたことがありますか?
 「地中熱」は、地表から地下200mまでの地中にある「熱」のことをいいます。
 10m以深の「地中熱」は、その地域の平均気温くらいで安定していることが多いので、この安定した熱を上手に利用すると、とても省エネルギーとなるのです。

 最近では、「地中熱を利用した冷暖房システム」が、その省エネルギー性能の高さやランニングコストの安さから、大規模な建築物だけではなく個別宅へもジワリと導入され始めています。
 

●地中熱ヒートポンプ導入の補助金に関する情報はこちら(岐阜市地中熱ヒートポンプシステム設置補助金)