岐阜市環境活動顕彰

岐阜市環境活動顕彰
(2018年11月20日更新)

地域での環境保全及び創出のための活動に関し、顕著な功績があった市民等を顕彰しています。

 岐阜市では、恵まれた自然環境を次世代へ引き継ぐため、平成14年9月に環境都市宣言を行い、市民、事業者、行政が一体となり地域の環境づくりを進めています。こうした中、環境の保全や創出のための活動を継続的、かつ、献身的に実施している団体等に対して平成14年度から顕彰事業を実施しています。

 みなさんも顕彰された団体等の活動を参考とし、積極的に環境活動に参加しましょう。

平成30年度 岐阜市環境活動顕彰 表彰式

日時:平成30年11月11日(日曜日) 10時10分~10時20分
場所:みんなの森ぎふメディアコスモス ドキドキテラス特設ステージ

「第17回 岐阜市まるごと環境フェア」にて表彰式を開催しました。

 

(写真左)左端から

  • 吉村夏子 様
  • 柴橋正直 岐阜市長 
  • 岐阜県立岐山高等学校生物部 様
  • 特定非営利活動法人 ふれあいの森自然学校 様

平成30年度岐阜市環境活動顕彰 顕彰者の紹介

(1)岐阜県立岐山高等学校生物部
  環境保全活動(自然環境の保全、保護及び創出並びに自然とのふれあいに関する活動)
  環境教育活動(地域に根ざした環境教育活動)

 
 岐阜県立岐山高等学校生物部は、外来生物が河川の生態系に与える影響などの研究を行っており、これらの研究成果を学会等で発表するとともに、小中学校で出前講座を実施するなど、地域の生態系に配慮した生物多様性の保全活動を行っています。

(2)特定非営利活動法人 ふれあいの森自然学校
  環境保全活動(自然環境の保全、保護及び創出並びに自然とのふれあいに関する活動)
  環境教育活動(地域に根ざした環境教育活動)

 
 散策会や自然観察会など、自然の魅力にふれあう自然体験活動を通し、市民や子どもたちの豊かな自然環境を保全しようとする意識醸成を図っているとともに、自然にふれあう楽しさを教える指導者の育成も行っています。

(3)吉村 夏子
  ごみ減量活動(リサイクル運動等のごみ減量に関する活動)
 家庭から出る生ごみを堆肥化する取り組みを、近隣の方々を誘い、自治会活動に発展させるとともに、食材をごみとして捨てない料理の工夫を、学校等の料理教室で積極的に紹介するなど、生ごみ減量に貢献しています。

これまでの顕彰者を紹介します

過去17年間で、63団体・個人を顕彰しました。

顕彰者一覧

平成14~30顕彰者一覧( pdf : 206KB )

環境活動顕彰の候補者を募集します *募集は終了しました

1.応募要領

 市民、事業者、行政が一体となって、岐阜市の環境をよりすばらしいものにしていくことを目的とし、環境保全やリサイクル、環境教育などに貢献のあった企業やボランテイア団体などを顕彰しています。
 年一回、自薦他薦による公募を行い、市民、有識者及び行政関係者からなる選考委員会を開催し、選考を行っています。

応募期間

平成30年7月2日(月曜日)から平成30年7月31日(火曜日)まで

応募方法

応募用紙に必要な事項を記入して、応募期間内に自然共生政策課まで郵送、FAX、E-mail、または開庁日時に直接持参してお申し込みください。

(〒500-8720 岐阜市神田町1-11 南庁舎4階、FAX:058-264-7119、E-mail:kyousei-sei@city.gifu.gifu.jp)

応募用紙

 応募用紙(pdf形式:106KB) 応募用紙(Word形式:21KB)

顕彰要綱

 顕彰要綱(pdf形式:184KB)

2.対象者

岐阜市内で活動する個人、NPOやボランテイア団体、小・中学校などの教育機関及び事業活動を行う企業など。

(個人の場合は、その活動が市民の先導的な役割を果たしていること)

3.対象活動

  • 環境保全活動 (原則として7年以上継続的に行われていること)
    自然の環境保全・保護や自然とのふれあいに関する活動、環境保全の啓発・普及に関する活動、地域緑化に関する活動、地球温暖化防止に関する活動など
  • ごみ減量活動 (原則として7年以上継続的に行われていること)
    リサイクル運動などのごみ減量に関する活動、企業の事業活動にともなう排出物等の削減に関する活動、グリーン購入推進活動
  • 環境教育活動 (原則として7年以上継続的に行われていること)
    学校などでの環境教育、地域に根ざした環境教育活動
  • 研究開発活動 (年数は問いません)
    環境に著しく配慮した建物の建設 など