「特別警報」の運用開始について

「特別警報」の運用開始について
(2014年3月3日更新)

  気象庁が、新たに「特別警報」の運用を8月30日(金)午前0時から開始しました。「特別警報」の発表の対象となるのは、従来の警報の基準をはるかに超える、数十年に一度しかないような豪雨等が予測され、非常に危険な状況の場合です。
 発表の単位は、従来の警報と同じく市町村単位となります。
 

 特別警報が発表された場合は、市は、災害対策本部を設置し体制の強化を図ることとしております。市民の皆様は、屋外の状況や市から発令される避難準備情報・避難勧告・避難指示に留意し、直ちに命を守る行動をとってください。
  
 詳しくは気象庁ホームページでご確認ください。
特別警報(気象庁)リンク