CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

開発事業(土木工事等)に伴う埋蔵文化財の取り扱いについて

開発事業(土木工事等)に伴う埋蔵文化財の取り扱いについて
(2016年8月22日更新)

手続きの内容

・埋蔵文化財とは、「土地に埋蔵されている文化財」(文化財保護法第92条)を指し、集落跡や古墳などの「遺跡」、地面を掘って造られた住居跡などの「遺構」、土器や石器などの「遺物」がこれに該当します。

・遺跡(「周知の埋蔵文化財包蔵地」とも言います)の範囲内で開発事業等の工事を行う場合には、着工の60日前までに届出を行うことが必要です(文化財保護法第93条)。

ダウンロード資料「埋蔵文化財発掘の届出について(フローチャート)」

・開発事業の予定地が、遺跡の範囲内であるかどうかの確認は、以下の方法で行うことができます。

 1.窓口で確認
  その場で担当職員が回答します。
 2.
FAX・Eメールで確認
  当課にご一報後、開発事業の予定地の地図と連絡先をお送りください。確認後、当課の担当職員が結果をお伝えします。

開発事業の予定地が、遺跡の範囲内である場合、その後の手続きについては当課の担当職員が説明します。

ダウンロード資料「埋蔵文化財の取り扱いチェックシート」

・周辺に埋蔵文化財の有無等のデータが無い場合、開発予定地において試掘調査をお願いする場合があります。期間や方法については、当課の担当職員が説明します。費用は岐阜市教育委員会が負担します。

開発事業の内容(工法、掘削の深さなど)により、個別の対応が必要ですので、およその計画段階で当課の担当職員にご相談ください。

届出提出期限

 着工の60日前まで

対象者

遺跡(「周知の埋蔵文化財包蔵地」)の範囲内で、以下の開発事業を予定している事業者の方
 ・住宅や店舗等の解体、新築
 ・上下水道、ガス管等の撤去、交換、新設
 ・その他、土地の造成や掘削を伴う工事
※土の掘削を伴う工事はすべて対象です。

届出等様式

ダウンロード資料「試掘調査申請書」様式
ダウンロード資料「埋蔵文化財発掘の届出」様式
※「試掘調査申請書」は1部、「埋蔵文化財発掘の届出」は2部必要です。
※申請書および届出の添付資料はフローチャートに記載されています。詳細は、当課の担当職員にご確認ください。

窓口・問い合わせ先

岐阜市教育委員会 社会教育課 文化財・市史編さん係(岐阜市役所南庁舎3階)
電話番号:058-265-4141(内線6358)
FAX番号:058-265-4333
市役所庁舎内各課の配置のご案内

8
45分~1730分 月曜日~金曜日
(祝祭日および1229日~13日を除く)