岐阜市地域防災計画について

岐阜市地域防災計画について
(2017年11月27日更新)

岐阜市地域防災計画

 岐阜市地域防災計画は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、岐阜市防災会議が岐阜市の地域に係る災害対策に関し、市の処理すべき事務又は業務を中心に、防災関係機関と市民の積極的な協力を含めた総合的な計画を定めたものです。

 災害の予防、災害の応急対策及び災害復旧の諸活動の円滑な実施を図り、市民の生命・身体及び財産を災害から保護するとともに、災害による被害を軽減し、市民の安全と公共福祉を確保することを目的としています。

地域防災計画の改正

 平成29年3月27日に開催した岐阜市防災会議において、岐阜市地域防災計画を改正しました。今回の改正では、熊本地震などを教訓とし本市が新たに検討を進めた防災対策を計画に位置づけるとともに、災害対策基本法、避難勧告等に関するガイドライン等の改正や、国・岐阜県の防災計画等の見直しの内容を反映し、整合を図りました。

[主な改正箇所]

 市の防災対策を新たに位置づけたもの

・備蓄食料、飲料水の増強
・防災士育成支援の実施
・車中避難者対策として候補地の確保、保健活動チームの巡回
・避難所運営マニュアルの内容充実
・エコノミークラス症候群対策(弾性ストッキングの備蓄等)
・避難所における情報取得対策(携帯電話充電器の備蓄、新聞提供に関する協定)
・応急危険度判定体制の強化、り災証明発行の迅速化
・災害関連死認定基準の策定

国・県の計画等の改正を受け、市としての方針を追記したもの

・水防法に基づく、想定最大規模の豪雨を対象とした浸水想定区域公表後の周知
・要配慮者利用施設における浸水対策強化

国・県の計画、指針等と整合を図るもの

・「避難準備情報」「避難指示」を「避難準備・高齢者等避難開始」「避難指示(緊急)」に名称変更
・岐阜県災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣要請の追記
・原子力災害対策について、国の指針の変更等を反映

 地域防災計画(平成29年度版)

一般対策計画

 暴風、豪雨、洪水等の異常な自然現象による災害、大規模な火災、原子力災害等の人為的原因による災害を想定し、その防災計画を定めたものです。

 表紙及び目次(109KB)
 第1章 総則(P1~P14)(261KB)
 第2章 災害予防(P15~P110)(1804KB )
 第3章 災害応急対策(P111~P330)(5066KB)
 第4章 災害復旧(P331~P346)(306KB)
 資料(P347~P474)(3944KB)

地震対策計画

 東海地震をはじめとする海溝型地震、阪神・淡路大震災の原因ともなった内陸直下型地震を含め、その防災計画を定めたものです。

 表紙及び目次(112KB)
 第1章 総則(P1~P14)(269KB)
 第2章 地震災害予防(P15~P72)(1109KB)
 第3章 地震災害応急対策(P73~P244)(4164KB)
 第4章 東海地震に関する事前対策(P245~P300)(2081KB)
 第5章 南海トラフ地震に関する対策(P301~P306)(135KB)
 第6章 地震災害復旧(P307~P320)(279KB) 
 資料(P321~P435)(3655KB)

参考資料

 表紙及び目次(44KB)
 条例・規則・要綱等(P1~P77)(1177KB)
 各種様式(P78~P209)(1304KB)
 協定・覚書等(P210~P416)(3405KB)

防災関係機関の方へ

来年度(平成30年度)に向けた修正箇所の照会について

 平成30年度版の発行に向け、現在各機関に対し、修正が必要な箇所について照会を行っております。関係機関において、報告様式の電子データが必要な場合は、以下のファイルをご使用ください。

岐阜市地域防災計画修正箇所報告様式(外部関係機関用)