岐阜市政策提言、要望、要請等取扱要領について

岐阜市政策提言、要望、要請等取扱要領について
(2017年8月14日更新)

 市では、市民の皆様から窓口等に寄せられる市の事務事業に関する提言・要望等をルールに従って記録し、組織としてしっかり受け止め、対応することを目的とした新しい「岐阜市政策提言、要望、要請等取扱要領」(要望等取扱要領)を平成25年4月に施行し、取り組んでいます。
 これにより、皆様からの提言・要望等の取扱いに関する公平性・透明性を確保し、市政の信頼性を高めていきます。
 窓口等で職員が提言・要望等を記録することがありますが、この取組に対する御理解と御協力をお願いします。

記録について

 市民の皆様からの提言・要望等は、内容を担当する課で記録します。
 なお、記録にあたっては次のものは対象外となります。

  • 既に他の制度で記録しているもの
  • 単なる問合せ、事実関係の確認にすぎないもの 等

 ○ 提言・要望等の取扱いの概要図
  
取扱概要図(167KB )

要望等取扱要領の運用状況について

 各年度における要望等取扱要領の運用状況についてお知らせします。


  平成25年度の運用状況(123KB)
  平成26年度の運用状況(123KB)
  平成27年度の運用状況(120KB)
  平成28年度の運用状況(186KB)

平成29年7月からの提言・要望等の取扱いについて

 要望等取扱要領による提言・要望等の取扱いについては、その内容を整理し、新たに岐阜市職員の公正な職務の執行の確保に関する条例の中で定めました。
 同条例が施行された平成29年7月からは、市民の皆様からの提言・要望等に対し、同条例に基づいて適正に対応します。

 岐阜市職員の公正な職務の執行の確保に関する条例については、こちらから