フィレンツェ市(イタリア共和国)

フィレンツェ市(イタリア共和国)
(2017年6月1日更新)

FLORENCE(Republic of Italy)

姉妹都市提携 昭和53年(1978年)2月8日   

フィレンツェ市役所ホームページへリンク(イタリア語、英語)

プロフィール

 

 面積   102 km²

人口  38万人

気候  地中海性気候

時差  日本より-8 時間(夏時間-7 時間)      

市長  ダリオ・ナルデッラ(Dario Nardella)

フィレンツェ写真

フィレンツェ市は、ミラノとローマのほぼ中間に位置する街で、その名の語源は「花が咲く」です。花の名産地としても知られ、人々から「花の都」と呼ばれています。市章のユリは、かつてフィレンツェに君臨した財閥メディチ家に由来します。

 フィレンツェ市は、ルネッサンス発祥の地として名高く、市内の美術館には、ボッティチェッリ、レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ等ルネッサンスの巨匠達の手による作品が展示されています。また、礼拝堂や宮殿もこうした芸術品に彩られており、世界遺産に登録された街全体が美術館ともいうべき美しさを誇っています。
 

姉妹都市提携の経緯

 岐阜の繊維産業界から、洗練されたファッションの街フィレンツェ市と姉妹都市提携をしたいという強い要望や、市議会への陳情書などにより、市も提携を推進し、国会議員・ローマ日本大使館一等書記官の多大な協力を得て昭和53年(1978年)に姉妹都市提携を行いました。
 提携理由として、都市規模・地勢が似ている、フィレンツェでの「ルネサンス」のころ岐阜は織田信長の時代で、盛況を極めたという歴史的な類似点、両市とも繊維産業の中心地である点などがあります。