避難勧告等の判断・伝達マニュアルについて

避難勧告等の判断・伝達マニュアルについて
(2016年9月5日更新)

避難勧告等の判断・伝達マニュアル

 岐阜市では平成20年8月末の豪雨災害を契機に、岐阜県と共同で「避難勧告等の判断・伝達マニュアル」を作成しました。適切な避難勧告等の発令により、迅速で円滑な避難を図るためのものです。

 

 平成21年3月に、水害を対象としたマニュアル、平成23年3月に土砂災害を対象としたマニュアルを作成しました。

 
 その後、平成26年度に内閣府において「避難勧告等の判断伝達マニュアル作成ガイドライン」が大幅に改定されたことを踏まえ、避難勧告等の時期や範囲の絞り込み方法などを見直し、マニュアルの改訂を行いました。

避難勧告等の判断・伝達マニュアル(水害編)

 

    避難勧告等の判断・伝達マニュアル(3420KB) 

   参考図1  危険箇所及び重要水防箇所位置図(国管理区間)(414KB)

   参考図2  重要水防箇所位置図(県管理区間)(2596KB)

   参考図3  浸水想定区域図(破堤・越水はん濫)(1775KB)

   参考図4  境川流域における警戒・避難すべき区域(内水はん濫)(6781KB)

避難勧告等の判断・伝達マニュアル(土砂災害編)

   避難勧告等の判断・伝達マニュアル(12955KB) (土砂災害編)

   別表1   土砂災害危険区域一覧表(105KB)