スローライフまちづくり全国都市会議

スローライフまちづくり全国都市会議
(2016年4月8日更新)

設立目的

スローライフを基本理念に置いたまちづくりや様々な市民活動及び行政展開を行っている市町村はもとより、スローライフに関心のある市町村が集まり、情報交換や議論しあう仲間が結集し、全国的なスローライフ運動の一翼を担うことを目的としています。 

設立

平成15年8月24日、岐阜市にて設立総会を開催し、20市町で設立

役員(平成28年4月1日現在)

顧問   勝山市長
会長   岐阜市長
副会長  鳥取市長・多久市長
監事   美濃市長

事業内容

・各地域の歴史、伝統、文化、自然、産業、農業など、あらゆる分野にあるスローライフの資源を磨き上げていく方策の研究
・加盟都市間の交流と連携及び意見交換
・その他「スローライフ」によるまちづくりのために必要な事項
取組(チラシ).pdf( 830KB )

加盟自治体(平成28年4月1日現在)

全国でスローライフに関心のある13市町が現在加盟しています。 
北海道三笠市、宮城県加美町、福井県大野市、福井県勝山市、長野県飯田市、
岐阜県岐阜市、岐阜県高山市、岐阜県美濃市、岐阜県下呂市、岐阜県海津市、
鳥取県鳥取市、香川県高松市、佐賀県多久市
加盟市の取組み紹介.pdf( 309KB )

リンク先

スローライフまちづくり全国都市会議のホームページ 
岐阜市のスローライフの取組み