被災者生活・住宅再建支援金について

被災者生活・住宅再建支援金について
(2014年2月28日更新)

 被災者生活・住宅再建支援金

市民の方が、自然災害により被害を受けたときに被災者生活・住宅再建支援金を支給します。

「自然災害」とは暴風、豪雨、豪雪、洪水、地震その他異常な自然現象によるものをいいます。

支援にあっては、被災者からの支給申請に基づいて行います。

支給対象

  1. 専ら生活の本拠として現に居住のために使用している住宅等が自然災害により全壊、大規模半壊若しくは半壊又は全浸水若しくは半浸水の被害を受けたこと。
  2. 被害を受けた住宅等が本市に所在すること。
  3. 被害を受けた住宅等に居住する世帯の世帯主であること。ただし、一の住宅等に2以上の世帯が居住している場合にあっては、当該2以上の世帯を一の世帯と、当該2以上の世帯の世帯主全員を一の世帯主とみなす。 
  4. 被災者生活再建支援法(平成10年法律第66号)の規定による支援の対象とならないこと。 

支援金の額(単位:千円)

 

世帯の

区分

被害の程度

全壊

大規模半壊

半壊

床上浸水

全浸水

半浸水

複数

1,000

1,000

500

300

150

単身

750

750

375

225

113

 
支援対象者が住居の所有者でない場合(住居の所有者が支援対象者と同一の世帯に属する場合を除く。)は、この表に規定する額の2分の1(1,000円未満の端数は、1,000円に切り上げる。)に相当する額を上限とする。

詳しくは要綱でご確認ください

  岐阜市被災者生活・住宅再建支援金交付要綱(206KB)