元気なぎふ応援寄附金について

元気なぎふ応援寄附金について
元気なぎふ応援寄附金トップページ寄附金の使い道についてご案内します寄附の申込み方法についてご案内します寄附状況についてご案内します寄附金の活用状況をご紹介します
 ふるさと納税とは         申込みフォーム
 特産品等について         クレジットカード


~あなたの寄附(ふるさと納税)で、岐阜市を応援してください!~


【信長公ゆかりのまち岐阜市】
信長ゆめ広場

 

  「岐阜市を応援したい」「岐阜市に貢献したい」「岐阜市のまちづくりに参加したい」という皆様からいただいた貴重な寄附金を、「元気なぎふ応援基金」に積み立て、より豊かで魅力ある岐阜市を目指す取り組みに活用させていただく制度です。
 岐阜市を応援していただく気持ちがあれば、どなたでも寄附いただけます。

 ■リーフレットは、下記からダウンロードできます。
 ・元気なぎふ応援寄附金リーフレット(pdf:1221KB)
元気なぎふ応援寄附金トップページ 寄附状況についてご案内します 寄附金の活用状況をご紹介します 寄附の申し込み方法についてご案内します 寄附状況についてご案内します

岐阜市のまちづくりについて

 

岐阜市の主要な施策事業

※ 記載内容は記事作成時点のものですので、事業が変更、終了している場合があります。

「教育立市」ぎふ推進事業

 【電子黒板を使った授業】 【STEM(※1)支援員の理科授業】【ALT(※2)による英語の授業】 
電子黒板を使った授業の様子STEM教員による授業の様子ALTによる授業の様子
 岐阜市は「教育立市」を掲げ、子どもの基礎的、基本的な知識や技能の取得、活用、意欲的に学ぶ力をはぐくむため、全教室に配置された電子黒板などを活用した「情報化教育」、STEM支援員を配置した「理科教育」、ALT・EF(※3)を活用した「英語教育」を推進するなど、充実した学校教育環境の構築を推進しています。
 また、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を身に付けられるように学校と地域が連携した「キャリア教育」の推進、「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」による地域で子どもを育てる環境づくりに取り組んでいます。

※1 STEM:Science(科学), Technology(技術),
  Engineering(工学),Mathematics(数学))の頭文字を取った名称で、
  理科や数学に関する専門的知識を持った支援員です。
   全小学校で、授業の魅力や科学に対する興味・関心を高めるため
  活躍しています。
※2 ALT:外国語指導助手(Assistant Language Teacher)の略で、
  岐阜市では、全小学校の児童(5~6年生)、全中学校の生徒と一緒に
  英語を学んでいます。
※3 EF:英語活動指導協力員(English Friend)の略で、
  岐阜市では、地域在住の外国の方が全小学校の児童(1~4年生)と一緒に
  英語を学んでいます。

教育委員会事務局学校指導課

●「医療立市」「健康立市」ぎふ推進事業
【市民病院に導入されたIMRT(※4)装置】 【健幸ウォーク】
岐阜市民病院のIMRT
【長良川健康ステーション】
長良川健康ステーション

 岐阜市は、「医療立市」「健康立市」を掲げ、安心できる医療環境づくりのため、市民病院の医療体制の整備など医療環境の充実、食生活や運動などの生活改善や、歩くをキーワードにしたまちづくり「スマートウエルネスぎふ」を推進するなど、市民が健康で安心して暮らせる環境の構築に取り組んでいます。

※4 IMRT:高度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiotherapy)の
  略で、がんの形を正確に読み取り、がんのみに強い放射線を当てることで、
  ほかの正常な細胞を傷つけることなく治療ができる装置です。

岐阜市民病院トップページ
スマートウエルネスぎふについて(健康部スマートウエルネス推進課)

 

 

にぎわいのある中心市街地の創出事業
 【みんなの森 ぎふメディアコスモス】   【せせらぎの並木 テニテオ】
みんなの森 ぎふメディアコスモス・みんなの広場 カオカオせせらぎの並木 テニテオ
 岐阜大学医学部跡地活用(つかさのまち夢プロジェクト)の第1期整備として、知の拠点「岐阜市立中央図書館」、絆の拠点「市民活動交流センター・多文化交流プラザ」、文化の拠点「展示ギャラリー」等として開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」
 約910席の閲覧席・学習席を備える図書館は、将来的には90万冊の蔵書を揃える予定です。学習支援、読書活動支援を充実させ、地域に密着した図書館サービスに取り組みます。

 【岐阜駅前の再開発事業】
岐阜駅前スカイデッキとツインタワー
 ぎふメディアコスモスをはじめ、高島屋南地区、岐阜駅東地区など、JR岐阜駅周辺から柳ヶ瀬、岐阜大学医学部跡地周辺までの中心市街地の生活環境づくりに取り組み、にぎわいのある中心市街地の創出に取り組んでいます。
みんなの森 ぎふメディアコスモス(外部リンク)
つかさのまち夢プロジェクト第1期整備について(市民参画部ぎふメディアコスモス事業課)
市街地再開発事業(都市建設部市街地再開発課)

●その他の主要施策等
岐阜市総合計画「ぎふ躍動プラン・21」(企画部総合政策課)
重点政策の基本方針(企画部総合政策課)

ぎふの歴史、伝統文化

【長良川と岐阜城・金華山】        【川原町地区】
金華山・岐阜城と長良川川原町地区
 織田信長が天下統一の拠点とした城としてよく知られている岐阜城と金華山は、近年の調査によって山上の城跡や山麓の居館跡以外の、金華山一帯を含めた歴史価値が評価され、国史跡に指定されています。
 また、周囲には清流長良川とともに川原町などの城下町地域が栄え、現在までその町並みのすがたはほぼ形を変えずに生活が営まれるなど、長良川中流域における岐阜の文化的景観として国の重要文化的景観に選定されています。

国史跡 岐阜城跡について(教育委員会事務局社会教育課)
岐阜城(商工観光部観光コンベンション課)


【長良川鵜飼】
長良川鵜飼 
 長良川鵜飼は毎年5月11日から10月15日まで、中秋の名月と増水時を除き毎夜行なわれています。
 伝統装束に身を包んだ鵜匠が巧みに鵜を操り鮎を狩る古典漁法は、1,300年以上の歴史があり、長良川の鵜飼漁の技術は、国の重要無形民俗文化財、鵜飼用具一式は国の重要有形民俗文化財に指定されています。
 また、鵜匠家に伝わる鮎鮓製造技術など関連する技術は岐阜市の無形民俗文化財に指定されています。
 これら長良川鵜飼文化は今後、ユネスコ無形文化遺産代表リスト記載を目指した取り組みを続けていきます。

ぎふ長良川鵜飼(外部リンク)
魅力アップ!長良川鵜飼文化の再発見事業(商工観光部商工観光政策課)
長良川うかいミュージアム(外部リンク)

ぎふの農産物

【えだまめ】               【いちご】
岐阜えだまめ岐阜のいちご

 岐阜えだまめは、昭和32年に島地区で本格的な栽培がなされました。
 長良川流域の肥沃な土壌で栽培されたえだまめは大粒で甘味があり、県内外で高い評価を受けています。
 また、岐阜のいちごは岐阜市南部を中心に栽培されており、濃姫や美濃娘などが盛んに栽培されています。

岐阜市の農産物(農林部農林園芸課)

 

ぎふの伝統工芸

【岐阜和傘】               【岐阜うちわ】
岐阜和傘岐阜うちわ


 岐阜和傘は、寛永16年(1639年)に加納藩主松平丹波守光重が明石(現在の兵庫県)から傘職人を連れて来たことに始まります。加納地区の地場産業として確立したのは、宝暦6年(1756年)に加納藩主となった永井伊賀守尚陳が、下級武士の内職として和傘作りを奨励したことによるといわれています。
 岐阜うちわは、江戸時代からこの地域の手漉き和紙や竹を用いて作り始められました。漆が塗られ、美しいツヤと色合いと耐久性があることが特徴です。

岐阜の伝統工芸品について(商工観光部産業雇用課)

ぎふのまつり、イベント

【長良川の花火大会】           【手力の火祭】
長良川の花火大会手力の火祭
  長良川の花火大会は、毎年7月の最終土曜日と8月第1土曜日に開催され、両日とも金華山を背景に約3万発の花火が打ち上げられます。
 手力の火祭は、毎年4月の第2土曜日に手力神社で行われますが、8月の第2日曜日には長良川河畔でも行われます。降り注ぐ火の粉の中、上半身裸の男たちが神輿を担ぐ、迫力満点の祭です。

【道三まつり】              【長良川薪能】
道三まつりみこしパレード長良川薪能
 道三まつりは毎年4月第1土曜日と翌日に開催され、みこしパレードや音楽隊パレードなどが開かれます。また、10月第1土曜日と翌日には、信長まつりが開催され、武者行列、音楽隊パレードなどが開かれます。どちらも若宮町通りを歩行者天国として開放され、多くの人でにぎわいます。
 長良川薪能(たきぎのう)は、毎年8月最終金曜日に開催され、河原に設置された特設の舞台で能や狂言などが演じられます。鵜舟の篝火から分けられた火が舞台に
点火され金華山、長良川を背景に幽玄の世界が広がります。

イベント情報(商工観光部観光コンベンション課)
岐阜観光コンベンション協会(外部リンク)
伝統文化の夕べ 長良川薪能(市民参画部文化芸術課)

岐阜市を応援してください!

 このページで紹介した施策の推進や歴史・伝統文化の保存、産業振興以外にも、岐阜市はさまざまな取り組み行ってまいります。
 元気なぎふ応援寄附金は、医療、教育など5つの分野で応援していただける事業への支援を受け付けており、寄附金の使い道はこちらでご案内しております。

▲ページの先頭へ
寄附状況についてご案内します

お問い合わせ

元気なぎふ応援寄附金に関すること
 市民参画部市民参画政策課
 電話番号:058-214-4865(直通)
 FAX:058-265-8665(専用)

特産品等に関すること
 市長公室広報広聴課
 電話番号:058-214-2061(直通)
 FAX:058-262-6061(専用)

寄附金控除の制度や計算方法に関すること
 ※岐阜市以外にお住まいの方は、お住まいの市区町村の住民税担当窓口や所管する税務署へお尋ねください。

 ※岐阜市にお住まいの方
 財政部市民税課
 電話番号:058-214-2063(直通)


▲ページの先頭へ

寄附金の使い道についてご案内します 寄附の申し込み方法についてご案内します 寄附状況についてご案内します 寄附金の活用状況をご紹介します