「赤ちゃんステーション」事業について

「赤ちゃんステーション」事業について
(2017年6月5日更新)

「赤ちゃんステーション」とは

赤ちゃんステーションステッカー

 「赤ちゃんステーション」とは、乳幼児(概ね3歳未満)のお子さんを連れての外出中に「授乳」や「オムツ替え」が必要になり、お困りのお母さん方に

  • 授乳の場
  • オムツ替えの場
  • ミルクのお湯

を提供する施設です。(上記ステッカーが目印。) 

 本事業は親子が安心して外出できるまちづくりの一環として平成22年10月からスタートしました。
 赤ちゃんやお母さん方が外出中にほっとできる場所をひとつでも増やし、地域全体で子育て家庭を応援していきましょう。

利用について

 この事業で受けられる設備等の提供は、登録している施設・店舗の善意により提供されています。そのことを十分にご理解いただき「赤ちゃんステーション」を利用される方、施設・店舗の方、お互いが気持ちよく、この事業を進めていけるようにしましょう。

「赤ちゃんステーション」ご利用の際は、以下の点に注意してください。

  • 事前にホームページなどで登録施設の位置、実施時間等の確認をしてください
  • 入り口のステッカーで提供内容の確認をしてください
  • 施設の職員にその旨を伝えてください(ただし、施設管理者が不要とする場合を除く)
  • 施設の職員の指示に従ってください
  • お子さんから目を離さないでください
  • 使用済みオムツ、ゴミなどは利用者が持ち帰ってください(専用のゴミ箱が設置されている場合を除く)
  • オムツや粉ミルクの提供はいたしません

登録施設募集中

 ひきつづき登録施設を募集します。
 市ホームページから「募集要項」「登録申込書」が入手できます。

  詳しくはこちら(リンク): 岐阜市「赤ちゃんステーション」事業の登録施設を募集しています